偏頭痛はアルコールのせい?理想的な”お酒の飲み方”の見つけ方

お酒を飲んだ日に片頭痛になる?

 

私は毎日、寝る前に食べた物や過ごし方と
頭痛の有無をメモする習慣をつけています。
(偏頭痛日記と名付けてます)

その日記を見返していくと
飲酒をした日に頭痛が多いことが判明。

百発百中ではないのですが
何か原因があるんじゃないかと推測。

 

そこで今回は『偏頭痛とお酒』について。
アルコールが偏頭痛を引き越しているのか
それを調べてみたんです。

頭痛生活を改善させるためにも
お酒との上手な付き合い方を考えていきます。

 

お酒を控えた方が良い3つの理由

お酒は百薬の長と言われるし
一日の疲れがとれる感じもありますよね?

適量ならストレスの緩和になるお酒も
頭痛のキッカケになる可能性を秘めています。

 

私が思うにお酒を飲むことで
頭痛生活に及ぼす悪影響は3つあります。

頭痛という視点で
お酒のデメリットを確認していきましょう。

スポンサーリンク

① お酒を飲むと偏頭痛の頻度が高くなったワケ

 

さっきもチラッと言いましたが
偏頭痛日記を振り返ると
私の片頭痛は明らかにお酒と関係していました。

なぜかというと、お酒の持つ作用の一つ。
血管を拡張させる働きが原因だったんです。

 

そもそも偏頭痛は血管が拡張することで
頭の神経を刺激して痛みを起こすと言われています。

なので血管を拡張させるお酒を飲むと
その分、偏頭痛が起きやすく
痛みも悪化しやすいということ。

お酒をたくさん飲むとドキドキしたり
血行がドクドクと脈打つ感じがありませんか?
あれも、アルコールの作用と言えますね。

 

特に気をつけたいお酒の種類は赤ワイン
赤ワインに含まれるポリフェノールとチラミンが
偏頭痛持ちを苦しめるんです。

※それぞれの成分の作用

ポリフェノール…血管を拡張させる働き
チラミン…血圧を上昇させる働き

 

私個人の経験ではいつものペースで飲んで
4時間後に頭痛が来やすい傾向があります。
(これも日記を見直してわかりました)

このような話を踏まえると、飲酒自体は
あまり偏頭痛に良くないことがわかりますね。

 

② 偏頭痛だけじゃない!二日酔い頭痛が起こる可能性も…

 

これは稀ですが飲みすぎたせいで
二日酔いによる頭痛になることもあります

これはお酒を分解する肝臓の働きが追い付かず
体からアセトアルデヒドを排出しようとして
血管が膨張することで痛みがでるのが原因。

 

吐き気やふらつきも出るので
飲み過ぎは偏頭痛とは関係ないにしても
イケない行為だということもわかります。

お酒と上手に付き合うために
その日の自分に合った量を見つけること
これが大事になってきそうですね。

スポンサーリンク

③ 飲酒後の片頭痛が来ても薬がのみづらい

 

これも重大なデメリットと言えます。
お酒を一定量、飲んでしまうと
薬を飲むのが怖くなってしまいます。

お酒で薬を飲むわけじゃないですが
体の中のことなので危険な感じがあるし
飲み合わせとしては良いわけありませんよね?

 

例えばロキソニンを飲もうとしても
ロキソニンは胃を荒らす副作用がある薬。

もともとアルコールで胃が荒れてたら
それで胃腸の調子を崩してしまわないか…

他の薬のバファリンとかでも
酔いが強くなったりするかもしれない…

 

ドラックストアの薬剤師さんに聞いても
「大丈夫」とはハッキリ言われなかったので

『お酒→薬』という流れは
個人的に怖くてできませんでした。
(なので頭痛は我慢するしかなかった…)

 

この3つのデメリットを見てみると
お酒は控えた方がいいのがわかりますよね。

ただ毎晩、晩酌してるお酒好きだったり
仕事の付き合いで仕方なくお酒もある。
社会人とお酒って切り離すのは難しいデス。

 

そこで私が今、実践している
上手な付き合い方を紹介していきます。

※完璧に偏頭痛の予防はできません
多少は効果があるという程度です。

 

お酒と上手に付き合って偏頭痛を近づけない!

一般的に言われてることでは
まず水を飲む量をふやすこと

アルコールの分解には水分が必要だし
お酒を飲むとトイレの回数が増えるので
脱水気味になるのを防ぐ意味でも飲みます。

水割りや、間に水を1杯入れて
お酒のペースを遅くさせるのが効果的
(アルコール度数も低い方が良いです)

 

あとは食事中に飲むこと
空腹時に飲むとお酒が回りやすく
その分、血管も広がりやすくなります。

できればアルコールを分解する助けをする
アミノ酸やビタミンを摂りましょう。
(枝豆とかささみとかですね)

また偏頭痛中の食べ物に関しては
こちらにまとめてあるので参考に。

記事:偏頭痛に良い食べ物と悪い食材

 

 

最後は飲んだ後ですね。
すでにお酒で血管が広がりやすくなってるので
これ以上、血管を広げる行動を辞めるようにします。

お風呂も熱い温度は避けたり
肩や首のマッサージも控えます。
(私はお風呂を入らないようにしてます)

 

これらをやればOK!ってわけじゃなく
あくまで確率を減らせる程度のこと

でもやらないよりやった方がいいので
実践してみて効果を自分の体で確かめましょう。

当たり前ですが一番いいのは飲まないコト。
飲む量を少しでも減らすことですよ(>_<)

 

【参考】個人的にやってるお酒の飲み方

最後は完全に個人的なハナシ。
私がやってる方法をまとめておきます。
参考程度に読み流してください。

先ほどの上手な付き合い方は最低限守るとして
それ以外でやってるコトが休日飲みです。

 

最初は仕事を頑張った日に飲んでたのですが
これだと片頭痛が起こる確率がUP。

もともと土曜の朝や残業が終わった夜中に
体がリラックスしすぎて偏頭痛になるタイプなので
そこに『お酒』を加えるのは辞めました。

もともとある程度、体の力が抜けてる休日に
『明日から頑張ろう』という意味で飲んでます。
(個人的には効果があります。)

 

後はチビチビ少しずつ飲んだりして
悪酔いを避ける工夫もしてますね。

一気に飲むと脈拍が早くなるので
偏頭痛が来やすい感じがあったんです。

これも実践してからは
多少は改善されている気がします。

 

でも、お酒の種類で偏頭痛持ちでも
飲めるものはないか探したこともありましたが
これに関しては見つかりませんでした。

日本酒でも0カロリーでも糖質オフでも
特にこれといった効果はナシでしたね。

 

そんなことをするより効果的なのは
普段から偏頭痛の対策をすること。

ツボや漢方を試したり食生活も心掛けてます。

⇒記事『偏頭痛の治し方~痛みに即効ケア~

 

 

今回は”お酒”について見ていきました。
偏頭痛を考えると断つのがベスト。

ただどうしても切り離せない時は
影響を小さくさせる工夫をしていきましょう。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました


あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ