発毛成分として有名なミノキシジル。

以前はリアップのみで、リアップを使うしかありませんでした。

 

でも今は特許が切れて、ミノキシジル配合の発毛剤がたくさん販売されていますよね。

今回はその中でも口コミなどの情報が一切ない商品で、本田選手がCMしてるリグロEX5を試してみました。

 

①リグロEX5の成分や副作用・②使用感・③リアップとの違い・④安く買う方法

この4つに分けてお話していきます。

① ロート製薬”リグロ60ml”に含まれるミノキシジルの効能や副作用を確認

まずリグロEX5の成分や副作用を見ていきます。

リグロEX5の成分がAGAにどういった効果を期待できるか、どんな人は使用禁止かを確かめましょう。

リグロEX5の成分と添付文書に書かれた副作用を確認

リグロEX5の成分表は以下の通りです。

リグロEX5の成分
  • ミノキシジル5g
  • エタノール
  • プロピレングリコール
  • 1,3ブチレングリコール
  • 酒石酸

 

ここでの注目はミノキシジル。

日本皮膚科学会でもAGA治療に関してA評価を得ているミノキシジルが配合されています。

副作用に関してはリグロEX5を購入したときの説明書に書かれていました。

ちなみにもっとエビデンス(科学的根拠)をもって育毛ケアをしたいなら専門のクリニックで薬をもらうのが一番。

ガクトさんがCMをしているAGAスキンクリニックなら全額返金制度もあります。

カウンセリングも無料なので、まだ専門のプロに頭皮を診断してもらってないなら、一度頭皮環境を見てもらいましょう。

参考⇒無料カウンセリングあり!AGAスキンクリニックの公式サイトはコチラ

 

副作用の可能性があるもの
  • 皮膚…頭皮の発疹・発赤・かゆみ・かぶれ・ふけ・熱感
  • 精神神経…頭痛・気が遠くなる・めまい
  • 循環器…胸の痛み・心拍が早くなる
  • 代謝…急な体重増加・手足のむくみ

 

これらはミノキシジルによって血行が良くなることで考えられる副作用ですね。

ちなみに私は使っても、こういった副作用は一切ありませんでした。

 

もともと頭皮は乾燥してかゆみが出やすい体質でしたが、シャンプーの温度をぬるま湯にすることで解決。

もし肌が弱くて発毛剤を使うのが不安なら、シャンプー時に力強く洗ったり、熱いシャワーを使うなど頭皮を酷使しない方がいいですよ。

 

そこまでやってもリグロEX5を使用して副作用が出たら、すぐに使用を中止すること。

買ったお店の薬剤師さんに話をしてから、使用を続けるか・別商品を試すか・様子を見るかなど判断をします。

 

リグロEX5を使えるかチェック!AGA用の発毛剤なので女性は使用禁止

リグロEX5ですが、誰にでも使えるわけではありません。

購入時に箱に入っていた説明文書にも注意事項が書かれていました。

使用前に医師と薬剤師に相談すべき人
  • 今までに薬や化粧品でアレルギー症状を起こしたことがある
  • 高血圧・低血圧
  • 心臓や腎臓に障害がある
  • むくみがある
  • 高齢者(65歳以上)
  • 甲状腺機能障害
  • 頭皮に赤みがある、湿疹や炎症を起こしている

 

使用禁止
  • 本剤の成分でアレルギー症状が出たことがある人
  • 女性
  • 20歳未満
  • 壮年性脱毛症以外の脱毛症(円形脱毛症や恒常性疾患による脱毛症)

 

これらに当てはまるなら購入しないこと。

もしくは薬剤師さんに相談して、使用しても良いか許可をもらいます。

私も頭皮のかゆみが出やすいので、購入前に2つのドラックストアで別々に薬剤師さんに相談しました。

 

どちらの薬剤師さんも『使用してOK』との許可が出たので、買うことを決断。

プロに判断してもらった方が安心して使えますよね。

② リグロEX5の使用感をレビュー!1カ月使った感想を当ブログでぶっちゃける

次は私が実際にリグロEX5を使って感じたことを正直にお話ししていきます。

結論をいうと私には使いにくい発毛剤でした。(笑)

 

ある条件に当てはまる人のみリグロEX5を勧められます。

その条件に当てはまらない人は、別のミノキシジル配合の発毛剤から試した方が良いですね。

べたつきは無く、液が出ない心配もなし!匂いも気にならない

まずポジティブな面について。

リグロは頭皮に使用しても、育毛剤にありがちな”べたつき感”がありませんでした。

 

液自体がさらさらしてるので、さっぱり使えますね。

液にはニオイもなく無臭なのも気軽に使えるメリット。

それにノズルも穴がたくさんついているので、液が出にくいといった心配もありません。

リグロは箇所によって使いにくい!ノズルが特徴的でM字や生え際が塗りにくい

このノズルは特徴的で、液が少量しか出ない心配はしなくていいのは確か。

でもその分、ドバっと出て液だれすることがあるのがデメリットです。

 

液自体もサラサラしてるので、せっかく塗っても液がたれてくるんですよね。

使いたい箇所に浸透してくれない感じ。

 

特に塗りにくいのがM字部分です。

塗る時は頭を横にしてリグロEX5を垂直に立てればすぐ塗れる。

でも頭を元に戻すと、リグロの液がタラーっとたれてきてしまいます。

 

なので頭頂部のみに使いたい人はリグロEX5でも問題ないです。

ただM字など生え際にも発毛剤を使いたい場合は、リグロのノズルは合わない可能性が高いですね。

説明文書に書かれてない使用方法の工夫が必要!リグロ容器の上手な使い方

説明文書には容器を逆さにして使うように書かれています。

でもこのまま鵜呑みにして使うと、液だれなどが起きやすい。

 

そこで私が心掛けていたのが、リグロEX5を使用後にマッサージをすること。

使ったままだと液だれするので、使用直後に頭皮を揉み、リグロEX%の成分が浸透するようにしていました。

 

とくにM字部分に使うならマッサージした方が良いですね。

これだけでも液がたれてしまうことは減りました。

(完全に解消されたわけではありませんでしたが…)

 

ベストタイミングはシャンプーをしてドライヤー後です。

この段階だと頭皮に汚れもないので、浸透しやすい状況だと言えます。

  • M字の右部分に使って軽く揉む
  • M字の左部分に使って軽く揉む
  • 最後に頭頂部に塗って軽くマッサージ

 

この順番で行っていました。もしリグロEX5を使うことがあれば参考にしてください。

【補足】使用継続後の経過について!初期脱毛はなかった

リグロEX5を1カ月半かけて丸々1本を使い切りました。

その結果としては、あきらかな発毛はまだない状態ですね。

当たり前ですがミノキシジルの効果は数カ月単位で見るモノ。

 

少し髪の毛が固くなりハリが出たのは確かですが、毛量が増えるまでの実感はありませんでした。

ただ懸念していた初期脱毛などの副作用もなかったので安心。

③ 【比較】リグロEX5とリアップはどっちがいい?買うならリアップだけど…

ぶっちゃけるとリグロEX5を優先的に買う必要はありません(笑)

理由は値段と成分を見るとわかります。

リグロEX5などのジェネリック医薬品を使うメリットの一つに、価格が安いことがあげられます。

 

特許が切れた効果を別会社が安く作ることで、使う側も安く買うことができるというメリット。

でもリグロEX5に関しては、実はリアップ5プラスと、値段がそこまで変わらないのが現状でした。

定価(税込み)
  • リアップ5プラス 7,612円
  • リグロEX5 7,560円

 

リグロEX5はジェネリックなのに、定価がリアップとほぼ変わらないという衝撃的な事実!

しかもリアップには皮脂の過剰分泌を抑える成分も含まれています。

このように値段が安くならないのに、わざわざジェネリックを選ぶ必要ってないですよね?

 

だから値段と成分を比較するとリグロEX5を買う理由はありません。

しかも別のミノキシジルが配合されたジェネリック発毛剤なら5000円代で販売されてる商品もありますよ。

参考→ミノキシジル配合で5000円代で使える発毛剤”ミノゲイン”のレビュー

 

結論としては特別ブランドが好きでないなら、リアップ5プラスか、安価なジェネリックを選びましょう。

個人的には安価なジェネリックがおすすめ!

リグロEX5と同じ分量のミノキシジルが配合されて、2000円ほど安いので金銭的な負担が軽くなりますよ。

④ リグロEX5は価格が高いのがネック!薬局で金額を抑えて購入するのが吉

リグロEX5よりリアップ5プラスやミノゲインの方が良い。

…という話でしたが、それでももしリグロEX5を試したいと思ったとき。ネックになるのはやはり価格になってきます。

 

ミノキシジル入りの発毛剤は半年ほど使用を継続して、効果を確かめるもの。

だからなるべく安くかって金銭的な負担を軽くしたいのが本音ですよね。

そこで最後にリグロEX5を安く買う方法をお話しします。

リグロEX5はどこで買える?販売店は薬剤師さんがいるところ

リグロEX5ですが、結論から言うとドラックストアで買いましょう!

薬剤師さんがいる時間帯なら、購入前に相談することができます。

 

都心の薬局は薬剤師さんも大忙し。ゆっくりと話ができる状態ではありませんでした。

そこで私が選んだのが、店内がガラガラのドラックストア。

 

ここならゆっくりと時間をとって、あなたが気になる点を相談できるので納得して買うことができますよ。

しかもドラックストアなら安く買うことも可能なんです。

値段を安くしたいならドラックストアの割引セール&ポイントを活用

私は少しでも安く買いたかったので、買う時期にこだわりました。

それがドラックストアの割引がされている日にちに合わせて買うこと。

 

ココカラファインやマツキヨなら定期的に割引セールみたいな日がありますよね。

そういった日を狙でば10%OFFで買うことができます。

 

しかも買う時はドラックストアのポイントカードを使うこと。

これで次に購入する時に、ポイントで値引きして買うことができます。

 

さらに支払いを電子マネーやクレジットカードで行えば1%ほどポイントが付きますよね。

このようにドラックストアで上手に買えば、定価より安く買うことができます。

 

もしリグロEX5を安く買いたいなら『割引日×ポイントカード×クレカ決済』

この3つをかけあわせて、コストを抑えて買いましょう。

 

今回はリグロEX5の成分や使用感についてお話ししました。

リグロEX5はミノキシジル配合の発毛剤で、AGAに悩んでるなら使う価値はあります。

 

ただM字部分に塗りにくかったり、価格が高いのでジェネリックとしてのメリットがないのが残念なところ。

なのでミノキシジル配合でリグロより安い発毛剤を使うことを私はオススメします。