クンクンボディのレビュー

  • 『あのさ、俺って臭い?』なんて周囲の人に聞けない
  • 誰かにバレる前に、自分がクサいかコッソリ確認したい

 

そんな悩みを抱えていた私が出会ったのが、体臭測定器のクンクンボディでした。

ロフト梅田店で見つけたのですが、なんとニオイを数値化できる測定器なんです!

 

しかも”あたま”・”耳のうしろ”・”わき”・”あし”の4箇所を測定することが可能。

(追記:計測アプリがアップデートして”口臭”も測定できるようになりました)

 

今回はそんなクンクンボディを徹底レビュー!測定の正確性と、評判・口コミをお話しします。

あなたがクンクンボディを買うべきか、買わないでいいかがわかりますよ。

スポンサーリンク

【クンクンボディのレビュー】正しい使い方をしないと正確に測れない

クンクンボディは頭皮や足の臭いを”汗臭”・”ミドル脂臭”・”加齢臭”の3つに分けて計測してくれます。

(口臭については100段階で表示)

 

人間の鼻だと悪臭といっても好き嫌いがあるのが現実。

その点クンクンボディは客観的なデータを教えてくれるんですね。

 

でもクンクンボディは、パッとすぐに体臭を正確に測定できるわけではありません。

使い方を工夫しないと、信頼できる測定結果は出せませんでした。

クンクンボディは電源ONしてすぐ使わない!センサーの原理を知る

クンクンボディは汗臭・ミドル脂臭・加齢臭をセンサーにある電圧値で判断しています。

こういった測定方法をするから、電源を入れてすぐに測定できなんですね。

むりやり測定すると、体臭以外の空気もニオイとして測定してしまいます。

 

私自身も記念すべき第1回目の測定で、頭皮臭が100(MAX値)と表示されてビックリ!

入浴後に測定したのにMAX値の100と表示されました。

 

その後、20分ほどして再計測したら”4″と出て無臭となり安心。

このように電源を入れてから20分ほど時間を置かないと、計測が不正確になります。

スポンサーリンク

センサーが繊細すぎる!クンクンボディで正しく計測する使い方のコツ

電源を入れてすぐ計測する以外でも、クンクンボディの数値が変動するときがありました。

それが計測器と体の距離にバラつきがでるとき。

 

説明書では”1cmに保ちましょう”と書かれていますが、2cmにしたり肌に当て測ると計測結果が20くらい変動します。

足を測るときは目で確認できるので1cm離して測定するのも簡単。

 

でも耳の後ろや頭部だと鏡を見てもわかりませんよね?

だから購入直後は勘に頼って測定していたので体臭を正確に計れませんでした。

 

スッキリ解決したのは購入して5日後。

測定器で測るときに小指を挟むようにしたんですね。

小指は幅がだいたい1cmくらいなので、計測結果がブレがなくなりました。

 

このようにクンクンボディのセンサーは非常にデリケートに作られています。

だから使い方を固定しないと、結果がバラバラになって参考にしづらいので注意しましょう。

(足や耳の後ろは左右でも結果が変わりますよ。)

 

最終的に行きついたクンクンボディの活用方法!上手な使い方を発見

最初はデート前やプレゼン前など、体臭が気になるときだけクンクンボディを使っていました。

でも今は決められた時間も継続的に測定しています。

普段から使うことで『今日はいつもと比べて臭うか』がわかるんですね。

 

デート前とか大事な場面だけ測定しても、表示された結果に一喜一憂して終わり。

そうじゃなくて寝起き、昼休み、仕事終わりなど臭いが気になる時間帯に1週間ほど継続して測定します。

(アプリにあるリマインダー機能を使うと便利)

 

これで体重計とか体温計と同じように、自分の体臭の平均値を知ることができます。

「いつもより数値が高いから先に汗を拭いておこう」

「数値が低いのはシャンプーを買い変えたからだ」

 

このように臭う前に対策をしたり、デオドラントケアの効果もわかります。

クンクンボディを最大限に活かすには継続的に図るのがオススメですよ。

参考⇒外出中に頭の臭いに気づいたときの応急処置

 

【クンクンボディのレビュー】使って分かったメリットとデメリット

クンクンボディのメリットは人間の嗅覚より正確に体臭を測定できること。

自分や他人の鼻に頼ると『臭いか臭くないか』の2択でしか判断できません。

でもクンクンボディなら100段階でニオイが表示されるので『これから臭くなるか』もわかります。

 

それ以外でも同じ年代の平均値を教えてくれたり、測定結果を1週間や1カ月の時系列で見ることができます。

大事な日にピッと測定して無臭だと、『大丈夫だよ』と背中を押してもらえる感覚になりますよ。

 

あとアプリをアップデートするだけで機能が増えるのもありがたいですね。

例えばアプリをアップデートしただけで、測定器を買いなす必要なく口臭も測定できるようになりました。

値段は3万円と少し高いですが、買い替える必要がないのはありがたいです。

 

ただクンクンボディにはデメリットもあります。

最大のデメリットは、今はまだすべてのニオイに対応できないこと。

 

私たちが気になるニオイって体臭以外にもありますよね?

タバコ臭、服の匂い、車の匂い、トイレの匂い、枕のニオイ。

このような”肌”に関係ないニオイはクンクンボディでは計測できません。

 

購入する前にロフトの販売員さんに『服の匂いは測れませんか』と聞いたことがありました。

そのときの返答は『まだ対応していない』とのこと。

今後アプリがアップデートされれば口臭のように計測できる可能性はあるかもしれません。

 

もう一つのデメリットはお手軽さが欠けていること。

先ほどもチラっと言いましたが、クンクンボディは電源入れてすぐに計測すると数値が正確に出ません。

 

測定器の電源を入れて、アプリを立ち上げて20分ほど待つ。

(…というより計測したい時間の20分前に電源を入れるイメージ)

 

5分の空き時間ができたのでサッと測るという使い方はできないのも面倒でした。

それに計測時間は数秒ですが、体臭すべてを計るときは頭・耳の後ろ・足・口臭・ワキと5回に分けるので時間がかかります。

 

私は家では5か所全てを計って、外出中は気になる箇所1つだけ測定していました。

クンクンボディは優れた体臭測定器ですが万能ではありません。

メリットとデメリットを見極めて買うか判断しましょう。

スポンサーリンク

クンクンボディの評判は?Amazonの口コミから評価をチェック

最後に口コミを見て、私以外の購入者の声を聴いてみましょう。

洗濯機 5つ星のうち4.0 客観的に測定ができる 2018年9月14日 やはり数値化されるとよくわかる。 あとはタバコやワキガや口臭など、他の匂いにも対応してほしい。 (2018.10 追記:口臭に対応しました。ソフトをアップデートすると可能です) 科学的に異なる匂いなので別のセンサーも組み込むことになると思うが、是非ほしい。 あと、脇は左右で匂いが違うので、左右で記録できるようになっていたらいい。 それと最初にだいぶ待たされるが、カウントダウンとか、測定可能になったら音で教えてくれるとかしてほしい。 電源を入れたのを忘れて30分以上たっていることがあり、バッテリーが無駄になくなっていくため。 企業の接客部門にサンプルを送って使ってもらって、こんな商品があるということを知ってもらってみては? 以前、口臭のする車掌がいたが、さすがに「息がにおいますよ」とは言えないし、本人も人に言われるより器械に指摘される方がまだいいと思う。

たしかに誰かにクサいと言いづらいときも、この測定器で知らせることはできますね。

誰かに教えるという使い方もできそうです。

Amazon カスタマー 5つ星のうち1.0 無駄な消費 2018年10月20日 面白いですけど、ニオイを気になるたびに測定するより、直接にニオイ対策をした方がいいと思います。 数値のばらつきがあるので、数値的に低くても、落ち着きません。逆に数値が分からなくても常に対策すれば、安心できます。

数値がバラつくことに低評価をする人がいました。

さきほど言ったように、電源を入れた直後は使わないこと。

そして使用する時は小指を挟んで肌と測定値の距離を1cmに保つことで解消できます。

 

たまに香水とかにも反応するときがあるので、それは今後のアップデートで改善待ちですね。

口コミでは『自分では体臭がわからないので助かる』という声が多かったです。

3万円もするので、少し高いですが満足度という点では高い傾向にありました。

スポンサーリンク

【まとめ】クンクンボディの購入はネットが安い!中古でも買えるかも

今回はクンクンボディのレビューと口コミについてお話しをしました。

まとめ

①クンクンボディの測定について

  • 人間の鼻よりも細かく測定できる
  • 電源をいれて20分しないと正確に測定できない
  • 肌と測定器の幅も統一しないと数値がバラける

②クンクンボディの使い方について

  • 寝起き・お昼休み・帰宅前など決まった時間に測定して自分の平均値を知る
  • 測定する時に小指を挟むと測定結果が安定する

③クンクンボディの口コミ

  • 他人のニオイも指摘できる
  • 測定器のバラつきを感じる人もいる

 

もし私の実体験を聞いて、クンクンボディを使いたいと思ったら実店舗では買わないようにしましょう。

私も最初はロフトで買おうとしましたが、実店舗とネットの価格が同じなんですね。

だからAmazonや楽天で買った方がポイントがつくのでお得ですよ。

 

中古品でも構わないなら、メルカリやヤフオクで販売価格の50%くらいで売ってます。

(私は他人のクサい箇所に触れた機械を中古で買う勇気がなかったので、辞めておきましたが…)

 

今回はクンクンボディの測定の正確性や使い方を、私の実体験からお話ししました。

もし買う前に疑問に思ったことや、わからないことがあればコメント欄に書いてください。

私がわかる範囲でお答えします。

スポンサーリンク