胃もたれに配慮しながら糖質制限を成功させる秘訣

糖質制限をしてダイエットをしようとしている男性

なんか最近、胃がもたれるんだけど…

 

特に思い当たる節がないのに
胃が重くなったり気持ち悪い。

そんな辛い症状は
糖質制限食が原因かもしれません。

 

今日、お話しするのは
『糖質制限で胃がもたれない方法』

【トピックス】

  1. 糖質制限と胃もたれ予防の両立が難しい理由
  2. 勘違いしすぎ?正しい糖質制限のやり方
  3. 両方をケアした理想的な食事メニュー
  4. 生活習慣で行う胃もたれ解消法とは?

 

繰り返す胃もたれは
間違ったダイエットのせいかも。

そこで、これから正しい糖質制限
胃に優しい食べ方を確認していきますね(^^)

スポンサーリンク

糖質制限と胃もたれ対策の両立が難しい理由

まず、なぜ糖質制限を行った人が
胃もたれになりやすいか
これを明らかにしていきます。

まず糖質制限とは、どういったものか?
こちらの文章を引用しました↓

糖尿病の人や肥満や
メタボリックシンドロームの人にベストの食事療法。

血糖値を上昇させる、唯一の栄養素である糖質。
できるだけ糖質の摂取を低く抑えて、
食後高血糖を防ぐのが糖質制限食の考え方です。

簡単に言えば、主食を抜いて
おかずばかり食べるというイメージになります。

抜く必要がある主食とは、
米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や
芋類など糖質が主成分のものです。

引用 http://www.ktk-kyoto.jp/about.html

糖質を控えることで
血糖値の上昇を抑える。

それが肥満
糖尿病予備軍の人に効果的だ
…ということです。

 

糖質制限では
血糖値を急上昇させない為に
甘いもの、お菓子を制限する一方で

血糖値が上昇しにくい
食物繊維や肉は食べてもOKという食事療法。

 

確かに食物繊維や肉類は
血糖値を上げにくい食材ですが

その反面、消化しにくいという
特徴を持っています。

 

それを毎食、たくさん食べたら
あなたの胃はどうなると思いますか?

  • 消化しにくい食材ばかりが入ってくる。
  • 毎回、働きまくって消化しまくる。
  • でもついには限界、疲れて動けなくなる。

それで消化不良に陥ってしまい
胃がもたれるんですね(;´・ω・)

 

糖質制限で良いと
言われている食材、料理で

胃もたれに悪いものは
以下のようになります↓

【胃もたれの原因になりやすい食べ物】

  • ピーナッツなどのナッツ類
  • 蕎麦、ざるそば
  • バター、チーズ
  • 刺身やお寿司
  • 雑穀米、玄米
  • 焼肉

 

また食後に
ウォーキングなど体を動かすことで

血糖値の上昇を抑えるという方法も
糖質制限では有名な話ですが

これも消化という立場に立つと
消化力が落ちてしまいます。

 

食後は胃に血液を集めて
消化に専念したいのに

体を動かせば体のほかの部分に
血流がながれますよね?

 

食後、すぐ動くと
胃がキリキリするのは、これが原因。

このように糖質制限を意識しすぎると
胃に負担がかかる生活をしがちなんです。

 

また食事や食生活に関しては
次の記事で詳しくまとめてあるので
そちらもサラッと目を通しておきましょう。

記事:胃もたれを引き起こす食材と食べ方

 

まず優先すべきは胃の消化力を取り戻す

 

糖質制限と胃もたれが
以外にも関係性がある。両立が難しい。

では、どちらを
優先させればいいのか?

それは、あなたの
置かれてる状況によって変わります。

 

糖質制限をダイエット目的や
生活習慣病の予防のために行っている場合

どちらを最優先すべきかはわかりますよね?
そうです『』です(^^)

一時的に糖質制限を控えめにして
消化力を高めることが大事。
(消化力が高まれば自然と痩せますし)

 

一方で糖尿病や
機能性低血糖症などの治療として
糖質制限を行っている場合は

胃もたれと糖質制限食の両立
考えていかないといけません。

(あとは、どうしても痩せたい人なども)

 

両立するには、どうしたらいいのか?

そこで次は胃に負担をかけないで
糖質制限を継続する方法
一緒に考えていきましょう。

スポンサーリンク

勘違いしてる人多数!正しい糖質制限の取り組み方

胃もたれを楽にしながら
糖質制限に取り組む場合

まず糖質制限食のやり方
正しく把握しとく必要があります。

 

「糖質を控えて肉を食べるんでしょ!」
…と思ったら、その考え方は危険。

胃もたれも治りませんよ(;´・ω・)

 

そもそもテレビで
糖質制限の特集をしてる番組の多くは
「肉はいくら食べてもいい」と言っています。

これが見てる僕たちに
誤解を与えやすい言葉。

 

正しくは肉なら
適量食べてもいい
なんです。

いくら血糖値が上がり肉からって
肉ばっかり食べてたら
胃の負担が大きくなってしまいます

それに、そんな食生活を長期間、続けてれば
逆流性食道炎や大腸がんのリスクも増。

 

そもそも健康的な食事とは
その人に合ったバランスのとれた食事なので

「いくら食べてもOK」
なんてことはありえません。

 

  1. 肉は適量ならOK。
  2. 糖類、炭水化物はなるべく控えること
  3. 食物繊維→肉→糖質の順に食べること

 

これが糖質制限の基本。
ここから始めるのがベストです。

 

なので、もし糖質制限中に胃がもたれたら
肉の量を減らし
大豆などの植物性たんぱく質をとる

食べる量を少し減らしたり
よく噛んで食物を胃の代わりに
細かく砕くことをオススメします。

 

あまりテレビの発言をうのみにせず
適度、適量からスタートして
自分にあったバランスを見極めましょう。

 

両立するのに適した食材と控える料理

では次に「何を食べたら良いのか?」
「何を食べてはいけないのか」をチェックします。

 

胃もたれと糖質制限において
どちらにとっても悪い食材と
どちらにとっても良い食材があるので

それを知っておくと
料理やレシピを考えるのに便利♪

どんな料理、食材があるのかは
以下の通りになっています↓

 

【なるべく控えたり食べ物,飲み物】

  • カフェインが含まれたドリンク
  • お酒などのアルコール
  • 甘いジュース、炭酸
  • デザート
  • カレー
  • 霜降りなどの脂ののった肉

 

【オススメの食材】

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • 大根
  • 緑黄色野菜
  • 大豆、豆腐、納豆など
  • 白身魚(蒸すとなお良い)
  • りんご
  • 鶏肉

 

カフェインが含まれた飲み物は
緑茶などのお茶にも注意。

食事中は麦茶や白湯がオススメです。

胃もたれの時に飲んで良い茶と悪い茶は
こちらに詳細を載せています。

記事:胃もたれ時に飲んで良いお茶、悪いお茶

 

またバナナなどの果物も
意外と糖質を含んでるので
食べ過ぎは辞めましょう。

(オレンジやレモンなどの
柑橘類のフルーツは大丈夫です。)

 

生活習慣で胃もたれを対処する

最後に食生活以外で
胃もたれを防ぐ方法をお話しします。

糖質制限食を辞めたくない場合、
食事は糖質を制限して

それ以外の生活の中で
胃のケアをすることは可能

胃もたれを防止する生活の
一例を載せておきますね(^^)

 

【胃に優しい生活】

  • お腹を冷やさない(温める)
  • 体の右を下にして横になる
  • 睡眠時間を増やす
  • 姿勢を正す(猫背を治す)
  • 食後は体を動かさない

 

このように胃が働きやすい環境を整えても
胃もたれを軽減することは可能

ぜひこちらも試してみください(^^)/

 

確かに胃もたれと
糖質制限の両立は難しい。

でも両方にとって
良い生活、食生活をおくれば
上手くいくはずです。

 

次は胃もたれの予防法について
より深く切り込んでみました。

記事:食べ過ぎた日の胃もたれ予防方法とは?

 

食事量をコントロールしづらい人は
読んでみてはいかがですか?

ではまた次の記事で
お会いしましょう。

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました


あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ