• 仕事から帰宅後、靴を脱いだ瞬間に臭う
  • 夫とは言っても「足が臭いよ!」と強く言いづらい
  • 旦那の足の臭いを消して、家の居心地をよくしたい

『ただいま』と家に帰って靴を脱いだ瞬間に臭う夫の足臭

「うっ」とのけぞるレベルの不快臭。

 

それだけ臭かったら会社でも陰で言われていそうで心配ですよね?

今回は旦那の足の臭いを撃退する方法

あなた自身が今日からできる4つの対策と夫の協力を得やすい伝え方をお話しします。

スポンサーリンク

今からできる!『旦那の足が臭い対策』4つの方法

そもそも旦那さんの足が臭い原因はイソ吉草酸の発生によるものです。

雑菌が足の皮脂や汚れを分解することで発生する納豆臭いニオイの元凶”イソ吉草酸”。

 

どうすればイソ吉草酸の発生を防げるか?

それが足臭の対策に繋がってきます。

① 浴槽の石鹸を殺菌効果を持つ石鹸に替える

手っ取り早いのは旦那さんが使っている石鹸やボディソープを殺菌効果のあるものに替えること。

雑菌を殺菌してしまえば、イソ吉草酸の発生を抑えることができます。

 

それに男は石鹸やボディソープにはほぼ無関心。

浴槽に置いてあるものを使うだけ。

だから買い替えても何の問題もなく使ってくれます。

 

相手に「足が臭いよ」と伝える必要もなしのでラク。

まずは殺菌成分がある石鹸に買い替えて足臭が改善しないか様子を見ましょう。

② 夫にこまめに爪を切らせる!爪の汚れも臭いの元

足が臭いと思ったとき、実際に嗅いでみると指先や爪が特にクサいことが多いです。

それは爪の間には汚れが溜まりやすいから。

この汚れも足臭の原因となります。

 

だから旦那さんに定期的に「足の爪が伸びてるよ!」と教えて爪を切るように誘導しましょう。

「足が臭うから爪を切って」という必要はありません。

「爪が伸びてると剥がれたとき激痛だよ」と言えば、切ってくれます。

 

ただ短く切りすぎると巻き爪になるので注意。

巻き爪になると汚れが奥深くに入り込みやすくなります。

参考⇒足の親指の爪が臭い原因は?

 

「爪の白い部分が1mmくらい出る」

これを目安に切ってもらいましょう。

スポンサーリンク

③ 夫の靴下を通気性が良い素材や5本指ソックスに替える

男は靴下にも無頓着です。

仕事で履ければ何でも構いません。

 

だから靴下も足が臭いにくいタイプに変えやすいです。

「穴が空いてたから新しい靴下を買っておいたよ」といえばOK。

 

選ぶときのポイントは通気性を保てるかですね。

蒸れて湿気ると雑菌の働きは活発になります。

だから通気性を保ち蒸れにくい靴下を探しましょう。

 

通気性で言うと素材はコットンが良いですね。

それにプラスして抗菌作用や防臭作用がある靴下が理想です。

 

それとプライベートの靴下は5本指ソックスにしてもらいましょう。

これなら指先も蒸れにくいので、指先の足臭の軽減にもなります。

 

またもし時間があれば洗濯にも気を配るのもオススメ。

酸素系漂白剤には消臭・殺菌効果が期待できます。(ワイドハイターなど)

靴下への配慮も旦那さんにバレずにできる足臭対策になります。

 

④ 旦那に毎日同じ靴を履かさない

靴も足臭を生むきっかけを作りやすいです。

とくに同じ靴を毎日履いていると、雑菌が増えやすいんですよね。

 

だから靴は2,3足を常備しておいて、1日ごとに別の靴を履いてもらうのが理想です。

帰宅後に靴を脱いだら消臭スプレーをかけて防臭剤や10円玉を入れて消臭ケア。

 

風通しのいいところに陰干ししてもいいですが、スプレーだけでもOKです。

洗うのはなかなか大変なので、こまめに干すようにしましょう。

参考⇒靴は熱湯で洗っても良い?リスキーな洗い方は逆効果

 

効果的なのは中敷きを定期的に買い替えること。

「靴が臭い=中敷きが臭い」というケースがほとんどで、中敷きだけでも買えたら臭わなくなることもあります。

 

ダイソーなどの100均には中敷きがたくさんあります。

ABC-MARTとかの高い中敷きを買うよりも、最初から買い替える前提で100均のものを使った方がコスパが良いです。

ダイソーなら防臭効果や抗菌作用がある中敷きも見つかりますよ。

 

靴に関しては今までとは違って、旦那さんの協力が必要になってきます。

「靴は1日ごとに変えた方が長持ちするから」

「中敷きを入れたほうが足やひざの負担を減らせる」

このように間接的に伝えて、中敷きや靴の履き替えをお願いすることもできます。

 

ただやっぱり旦那さんにも足の臭いを自覚してもらいたいところ。

そこで今度は旦那さんへの足臭の伝え方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

夫に”足が臭い”と上手に伝える方法

先ほどの4つ以外の足臭対策もたくさんあります。

消臭クリームを塗ったり、消臭スプレーを足に吹きかけるなどですね。

 

ただここまでくると旦那さんに真実(足が臭いこと)を伝えなければいけません。

ハッキリと言って傷つかないタイプなら言いやすい。

 

でも多くの人は傷つくだろうし、傷ついた反動で怒ったりすることもあります。

(とくにニオイというのはデリケートな問題ですし。)

 

どうすれば旦那さんに傷つけずに主張できて協力してもらうことができるか?

それを考えていきましょう。

① 臭いという批判より心配で寄り添う

まず体を心配しているアピールをするという伝え方。

「最近、靴下にニオイが付いてるんだけど、どこか体で悪いところはない?」

「ストレスが溜まってるんじゃない?少し頑張りすぎてない?」

 

足が臭いという結論ではなく『お仕事を頑張りすぎじゃない』という結論で話します。

実際に体臭に変化がでる病気もあるので、旦那さんを心配するのも自然な流れ。

このように結論をズラして伝えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

② 愛する我が子「パパ臭い」と言われたらショック

子供に伝えてもらうという方法もあります。

…というか子供だったら悪気もなく「臭い」と言ってしまうかもしれません。

 

「お父さん、足が臭い」 「キモい、汚いパパは嫌い」

こんなふうに言われたと想像しただけで辛いです。

でも他の誰かに言われるよりも心に響くし、「何とかしないと」と強く決心するのも事実ですね。

【まとめ】夫の足臭い問題は今すぐ解決

今回は旦那さんの足が臭いときの対策を見ていきました。

あなたができる対策
  • 石鹸・ボディソープを殺菌作用があるものに替える
  • 爪が伸びてるよと言って爪を切ってもらう
  • 靴下を抗菌作用のあるコットン素材に変える
  • 靴の中敷きをプレゼントする

伝えるとき

  • 病気の心配をテーマにして間接的に伝える
  • 子供も臭いと感じていたら言ってもらう

 

旦那さんの足が臭うという問題は、家だけの問題ではないかもしれません。

デスクワーク中に職場で靴を脱いで仕事をしていたら…

営業で取引先の会社に出向いた時に靴を脱いだら…

 

こう考えると仕事にも良い影響がおきないのはわかりますよね?

でも足が臭いという問題は今日から取り組めるものです。

 

まずは石鹸や靴下を見直すこと。

そして相手を傷つけない言い方がないか、考えてみましょう。

その伝え方として私がお話しした内容が参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク