胃もたれを防ぐ運動の仕方と守るべき注意点とは?

運動やスポーツで胃もたれって解消できるの?

最近、胃がもたれやすすくなった(;´・ω・)

 

デスクワークで運動不足気味や
ストレスで胃弱が悪化etc
疲れがすぐ胃の不調に出てくる…

そんな症状を遠ざけるためにも
効果を発揮するのが運動

 

この記事で僕がお話しする内容は
『胃もたれを防止する運動の仕方』

【トピックス】

  1. 運動するときに守りたい2つの注意点
  2. 胃もたれの原因別にオススメのスポーツとは?
  3. 胃弱、運動不足、肥満の人向け
  4. ストレス、睡眠不足、食欲不振の人向け

 

体を動かしたら、次の日にスッキリするなど
即効性があるわけじゃないです。

でも辛い胃もたれを回避して
ハッピーな一日を多くするには
適度な運動は強い味方になりますよ!

スポンサーリンク

注意して!体を動かす時間帯と食後の水分補給

まず実際に体を動かす前に
胃もたれに悩む人が守りたい
運動のルールが2つあります。

それを守らないと改善どころか
症状が悪くなってしまいます。

ぜひ守ってほしいところです(`・ω・´)

 

体を動かすときに避けたい時間帯とは?

 

まず「いつ運動するのか?」
体を動かす時間帯についてですが
注意すべきは食後すぐです。

食直後は食べ物が胃に入った直後
体の血液が胃に集まり
消化活動に専念している最中です。

そんな時に体を動かしたら
あなたの体はどうなると思いますか?

 

胃に集まっている血流が
筋肉を動かすために使われてしまい
上手く消化できなくなる。

よく子供のころに食べてすぐ遊んでたら
横っ腹が痛くなったのも
これが原因なんですね(;´・ω・)

こんな時間帯に体を動かすと
ますます胃痛や胃もたれが悪化してしまいます。

 

まずは食後は動かずにできれば寝て
消化に専念させること。

その後、2時間ほど経ってから
運動するのがベストタイミング
(食べ過ぎた日は、もう少し開けます)

 

例えば朝に運動をすると決めたら
朝ごはんを食べてからではなく
朝食前に少しでも体を動かす方が
胃への負担が少なくて済みます。

胃に食物が入ってない時間帯を選んで
体を動かすようにしましょう(^^)

 

運動後の水分補給で大切なものは温度?

 

2つ目の注意点は水分補給

体を動かすと喉が渇いて
何か飲み物が欲しくなりますが…

この時に注意しておきたいのが温度です。

体温より冷えたドリンクを飲むと
胃を冷やしてしまい活動がにぶくなります

 

夏にアイスやコーラーなど
冷たいものばかり飲み食いして
胃腸の調子を崩すのもこれが原因。

確かに汗をかいた後の
冷たいビールは美味しいですが(笑)
胃の為には我慢して温かい飲み物を選びましょう。

どうしても冷たいものしかない時は
口の中で飲み物の温度を体温に近づけてから
少しずつ飲むといいですよ(^^)

スポンサーリンク

どんな種類のスポーツが良い?原因別のオススメ運動

運動の時間帯運動後の水分補給
この2つの注意点を抑えたので

いよいよ、胃もたれのあなたにおすすめの
スポーツを紹介していきますね。

胃もたれは様々な原因が考えられるので
その原因に合った運動を考えてみました。

 

胃弱体質、運動不足、ぽっこり腹が出てる人へ

 

まずもともと消化不良気味だったり
最近運動不足で太ってきた人向きの運動。

これはズバリ筋トレです。

特に腹筋がないと胃がたれてきてり
脂肪で圧迫されて
上手く腸へ食物を送れなくなります。

 

僕がおすすめするのは
腹筋背筋の2つ。

腹筋は胃の消化運動
蠕動運動を助けるため

背筋は猫背を改善するために
是非、実践したいところ!
(猫背は腹部を圧迫して胃の運動を妨げます)

 

ユーチューブ動画を見ながらやると
画像や文章よりわかりやすいので
YouTubeを載せておきますね↓

 

この動画を参考にして
週に3回、1日おきに
筋トレをしていきましょう。

 

【胸焼けもあるなら…】

ここで注意点が一つ。

もしあなたが胃もたれの他に
胸焼けにも苦しんでいるなら
腹筋はしてはいけません

 

胸焼けは胃の胃酸が食道に逆流して
焼けるような感覚が伴う症状。

なので腹筋をするとお腹に圧力がかかり
胃液が逆流しやすくなってしまいます

もし胸焼けやむかつきがあるなら
腹筋は絶対にNGです(`・ω・´)

 

ストレスや睡眠不足で胃もたれや食欲不振になる人へ

 

では次に仕事のストレスや睡眠不足で
すぐ胃の調子を崩す人向けの運動を
お話ししていきますね。

まず、なぜあなたがストレスを感じると
胃に影響しやすいかというと
自律神経という神経が関係しているからなんです。

 

自律神経とは文字通り自律した神経。

つまり僕たちの意志とは
関係なく動かせるもので
呼吸、消化、発汗などを司る神経です。

 

そして、この自律神経が
上手く働かなくなる原因の一つに
ストレスが挙げられるんですね。

なので、この手のタイプの
胃の不快感を消すには
自律神経が元通りに働くような
運動を行うのがいいということになります。

 

自律神経に良い運動
それは2つあって
有酸素運動』と『リズム運動』です。

有酸素運動とは呼吸をしながら行える運動のこと。
(先ほど提案した筋トレは無酸素運動です)

リズム運動とは一定のリズムを刻みながら
体を動かすものですね。

 

この2つの種類の運動が
あなたの胃もたれを防いでくれます。

具体的な運動はこんな感じでしょうか↓

 

【有酸素運動】

  • ウォーキング
  • 軽いランニング
  • エクササイズ、エアロビクス
  • ゆっくりした水泳

【リズム運動】

  • ウォーキング
  • ガムをかむサイクリング
  • 社交ダンス
  • フラダンス

 

この中から継続できそうなもの
やってみたいものを選んでトライしてみては?

あくまでストレス発散が目的なので
あなたの自主的な意思が大前提です。

日によって変えてもいいですし
気分転換に筋トレしてもかまいません。

 

次回は胃もたれを軽くする寝方と
原因となる食事について
お話をしていきますね。

記事:胃もたれを楽にする寝る向きとコツ
記事:辛い症状を治す!胃もたれ対処法
記事:胃もたれを引き起こす食事とは?

 

今回のお話は運動の仕方についてでした。

とにかくストレス発散を優先して
筋トレ、有酸素運動、リズム運動
この3つの運動をやってみましょう。

それではまた(^^)/

スポンサーリンク

読んで頂き有難うございました


あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ