Googleから不正ログインのメールが来た時の原因を考察

不正ログインの原因を考える

何気なく使ってたらGoogleから
不正ログインの通知がΣ(゚Д゚)

別に変なサイト見てないし
URLもクリックしてないのに・・・

考えられる原因をまとめてみた。

 

 

こんにちは。

記事をご覧いただき
ありがとうございます。

 

今回は、私自身が体験したことで
あなたの役に立つものを記事にしました。

それは [Googleアカウントの不正ログイン]

 

不正ログインGoogleからのメール

このメールが来た時、
頭がフリーズ・・・

…と同時に「何をしたらいいか?」という
適切な行動がわからずに
困惑が続きました。

 

そこで一日中、ずーっと調べつくして
この不正ログインに対する原因と被害確認、
正しい対処法を見つけ、やっと一安心(^_^;)

一段落してから気づいたのですが
意外と、このような状況にさらされた時の

正しい対応の仕方を
まとめた情報が少ないことを痛感。

 

幸い僕は、このサイトで
情報発信をしているので

今回の自分に起きた出来事を
発信しようと思い立ったんです!

 

「もし、あなたが
不正ログインの被害に遭ったら…」

そんな状況で必ず役に立つ情報を
掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

 

今回は不正ログインでも
その被害を受けた原因を考えました。

今後、二度と、
このような被害に会わない為にも
この原因を頭の片隅に入れておきましょう!

 

Googleアカウントの不正ログインとは?

まずは、そもそも
「不正ログインとは何か?」
についてお話していきますね。

 

それはある日、突然gmailに
Googleからメールが送られてきます。

こんな感じのメールです↓

不正ログインGoogleからのメール

(僕の名前、メールアドレス
不正アクセス先のIPアドレスとメールアドレスには
ボカシを引かしてもらっています。)

 

メールの文面では不正アクセスがあり
「ブロックしました」と書かれています。

しかし、これは被害を未然に
抑えられたわけではありません。

 

不正な動きがあったから
「途中でブロックしたよ」という意味です。

なのでもし、不正な動きだとGoogleが
検知できなかった場合は

相手は不正ログインをして
あなたのGoogleアカウントで好き勝手します。

 

その証拠として、上のメールが来た2日前と
4日前に僕のアカウントには不正にログインされた
証拠が残されていました・・・

Googleで「最近のアクティビティ」を見ると↓

知らないログイン場所

 

ちなみに僕は関西在住で
Firefoxなぞ使っていません。

このアクティビティは完全に
不正ログインの形跡となります。

 

なので、「ブロックした」という言葉で
「被害に合わなかった。良かった~」
と安心するのは早いということ。

必ず原因を考え被害確認をして
対策を打つということが大事になってきます。

 

では、この記事のテーマでもある
不正ログインの原因とは何なのか?

どういったものが考えられるのでしょうか?

 

不正ログインの原因を考察

現段階で調べた範囲では
不正ログインの原因は3つ挙げられます。

 

① スパムのURLをクリック

まず一つ目の原因として考えられるのは
gmailに送られてきたスパムメールのURLへ
誤ってクリックしてしまったことが考えられます。

僕もそうなんですが、たまに大切なメールも

迷惑メールに入れられることがあるので
定期的に迷惑メールをチャックします。

 

そして自分と関係があると
勘違いしてしまい
スパムメールのURLをクリック。

これにより相手からの不正ログインが可能になり
自分のアカウントを乗っ取られる事態に。

 

gmailを友人との連絡でしか使っていないなら
このようなケースは稀だと思います。

ただ、メルマガなどを購読していると
メルマガだと勘違いしてスパムのURLクリック。

それが不正ログインに
繋がるケースが多いので注意。

 

② パスワードが弱い

次は、もっと根本的な問題で
パスワードが弱いということ。

パスワードが弱いというのは
いくつかのパターンに分類されます。

[パスワードが弱いケース]
①IDやメールアドレスと
パスワードが似ている場合。
②ちょっと調べれば入手できる場合。
(誕生日とか軽い個人情報)
③パスワードの文字数が少ない場合。
④複数のアカウントで
同じパスワードを使っている場合。

 

以上の4つの内、どれか1つでも
当てはまるなら
パスワードが弱いと言えます。

 

特に最近のスパム系の組織は
機械的にパスワードを作成しログインを試みる
ブルートフォースアタック」が使われていて

上記の4つのようなパスワードが弱い状態だと
いつ不正ログインの
被害にあってもおかしくありません。

 

③ TwitterやBloggerの集客で?

あと、Twitterで複数のアカウントを取得していたり
Bloggerを使用していても危険が伴います。

これは上記の2つの原因と比べると
明らかに可能性としては低いですが

もともとGoogleアカウントやメールアドレスを
開示しているのはgmailやBloggerですし、

Twitterで複数のアカウントを作るなら
gmailが適しているのでリスクは高まるかなと。

 

…でも、ほとんどの原因は
一つ目と2つ目の原因、

URLのクリック
パスワードの強度に問題があります。

 

これらの原因を把握しないと
高い確率で同じような被害に遭います。

あなた自身の原因を追求し
今後同じ過ちを
繰り返さないように心がけましょう。

読んで頂き有難うございました


あなたのお役に立ちましたなら、より多くの方にご覧になっていただきたいので
【ソーシャルボタン】で記事の共有をお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ